アカウントRMTについて

アカウント売買について | RMTサイトレビュー

MENU

アカウント売買について

アカウントの売買

通貨の売買だけでなく、アカウントの売買も多く個人間で行われています。

 

業者を使った通貨取引の経験はあっても、アカウント売買の経験はない、
という方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

 

ここでは主に、アカウントの売り方について説明していきたいと思います。

 

「ゲームに飽きちゃって、もう復帰するつもりもない...。」

 

そういったアカウントを、数千円〜数万円で売り払うことが可能です。
もちろんタイトルやアカウントのグレードの違いによって差はありますが。

 

 

アカウントの情報を提供する際は慎重に

アカウントの買い手を求めるには、当然ですがアカウントの情報を
ある程度公開しなければなりません。

 

この時に注意したいのが、アカウントの詳細を特定されてしまうことです。

 

特定されて晒されてしまったアカウントなんて買い手がつきませんし、
仮についたとしても、後に返金を求められるなどしてトラブルを招きかねません。

 

例えば、キャラクター名です。

 

ゲーム内におけるキャラクター名なんて、個を分けるタグのようなものなのですから、
一発で特定されてしまいますよね。

 

「嫌いな系統の名前だと困るので、キャラクター名教えて下さい」
とかいう要望に応えたら、数分後には特定されて広められた、
なんてマヌケな事態は避けましょう。

 

他にも限定的なアイテムを持っていて、それを周囲に知られている場合なども
特定される要因になりかねませんので注意が必要です。

 

"先渡し"には基本的に応じない

掲示板にて買い手を募集する場合、「先渡しは不可」だと
はっきり記載しておきましょう。

 

例えば、アカウントの買い手を募集し、買い手が名乗り出てきたとします。
代金の振込をお願いするメールを送ったところ、1時間後に返信が。

 

「先ほど代金の振込を完了しました。
 ただ、同行間じゃありませんし、15時を過ぎていたので翌営業日以降でないと
 振込が反映されません。
 出来るだけ早くアカウントが欲しいので、今IDとパスワード送ってもらえませんか?」

 

非常に単純ですが、この手口に引っかかってしまう方が結構いらっしゃるようです。

 

IDとパスワードを送信してしまった場合、十中八九そのまま音信不通になるでしょう。
個人間取引においては、先渡しは厳禁なのです。

 

ただ、例外もあります。

 

例えば、木曜日にゲームアカウントの買い手を募集したとして、
同週の土曜日に買取を希望する旨の連絡があったとします。

 

こういったケースの場合、管理人は
「なるべく早く受け取って、土日使って遊びたいんじゃないかな...。」
と勝手な想像をします。

 

なので、なるべく早く受け取りたそうだな、と想像出来るケースの場合、

 

「同行間の振込でない場合でも、振込が行われたことが明確に判断出来る写真などを
 添えてメールしてもらえれば、先渡しに応じることも出来ます。
 受け取りをお急ぎの場合はご検討下さい。」

 

といった旨のメールを送るようにしています。
もし相手が早く受け取りたいと考えていたならば好印象を持ってもらえますので、
次回以降の取引でもまた利用してもらえるかもしれません。

 

このとき注意しなければならないことが2つあります。

 

ひとつは、こちらから持ちかける前に先渡しを要求してくる相手じゃないこと。
もうひとつは、必ず送金されたことが明確に判断出来るモノを提示してもらうことです。

 

先渡しは不可だと前もって記載してあるわけですから、
その上でまだ先渡しを要求してくるような人は怪しいです。

 

こういった場合でも、あくまでこちらの好意によって先渡しを行う形にしましょう。

 

パスワードなどはあらかじめ変更しておく

アカウント売買に臨む前に、必ずパスワードを変更しておきましょう。

 

そのまま出品してしまうと、それが購入者の手に渡った時、
売り手が普段使っているパスワードの傾向を知られてしまうことになります。

 

複数のアカウントで同じパスワードを使用している場合などは特に危険です。

 

もちろん、そんな悪意はない買い手の方が圧倒的に多いのですが、
個人間RMTでは多くの詐欺師がはびこっているのです。

 

注意するに越したことはありません。

 

また、アカウント情報に本名や住所、電話番号が設定してある場合も
あらかじめきちんと変更しておきましょう。

 

そのアカウントで何かしらに課金していたりする場合...
しかもそれがクレジットカードでの支払いだったりすると、
カードの情報が一部残っていたりします。

 

そういった個人情報が買い手側に渡ってしまわないように気を使いましょう。

 

 

実際にRMT掲示板を利用してみましょう

 

当サイトにもRMT掲示板はありますので、興味の沸いた方は是非一度利用してみて下さい。

 

 

アカウントについては、特に個人取引されることが多いです。

 

業者を挟むと値段が跳ね上がることが大きな理由でしょう。

 

何らかの理由でゲームを引退することになった場合、
そのアカウントが数千〜数万で売れる可能性もありますので、
機会があったら挑戦してみるのもいいでしょう。

 

ただし、個人取引には危険が潜んでいることはきちんと理解しておかねばなりません。

 

個人間RMTについて解説しているページもありますので、
アカウントの売買に興味の沸いた方はそちらも合わせてご覧下さい。

 

 

正しい知識があれば、個人間取引は非常に有効なRMT手段となるでしょう。

ユーザーレビュー投稿ページへ