アカウントRMTサイトGameclubが新しく登場しました

新規アカウント売買サイト「ゲームクラブ」が開設

MENU

アウント売買サイト「ゲームクラブ」が新規オープン

 

アカウント売買サイト「ゲームクラブ」

 

 アカウント売買をした経験のある方ならRMT.clubのことはご存知かと思いますが、今回オープンしたゲームクラブは前身であるRMT.clubの機能拡張版(しかも手数料値下がり)と言えば分かりやすいかもしれません。

 

 前身と書きましたが、RMT.clubは2021年度中にゲームクラブへの完全移行を既に宣言しており、つまりゲームクラブがRMT.clubの正式な後継サイトであることを示しています。運営会社も同じですので、これまで通り、あるいはこれまで以上のサービスは約束されたようなものですので、RMT.club利用者も安心して移行することが出来ます。

 

 

 

 

 

アカウント売買サイトとは

 

 

 アカウント売買サイトとは簡単に言うと個人間の取引を仲介するサイトのことです。ネット上でのやり取りで完結する個人間取引においては、常に詐欺の危険性がつきまとうわけですが、この取引をゲームクラブなどの第三者取引仲介サイトに介入してもらうことによって、詐欺の危険性をなくしてしまおうというサービス内容になっています。

 

 かつてはエスクローサービスと呼ばれていたサービスで、このサービスが出てくる前は、アカウント売買は数多の詐欺師が跋扈する非常にブラックな界隈でした(大げさではなく)。現在はエスクローサービスが登場した当時と比較しても手数料も安くなっていますし、利用者も圧倒的に増えていますし、何より安全になりました。

 

 

 

 

RMT.clubユーザーは早めの移行準備を

 

 

 前述した通りゲームクラブはRMT.clubの正式な後継サイトである上に、RMT.clubは2021年度中にゲームクラブへのサービス完全移行を宣言していますので、RMT.clubユーザーは早めに移行準備をしておく必要があります。

 

 RMT.clubを利用していた方はご存知かと思いますが、アカウント売買、特に売る側にとっては、サイト機能である取引評価がかなり重要になってきます。サイトが登場して間もない今が、評価を稼いで他出品者との差をつけるチャンスなのです。

 

 

 

 

他サイトと比べ、手数料が安い

 

 

 前身であるRMT.clubと比べると、機能がより充実したにも関わらず、手数料がさらに安くなっているところが最大の利点です。各種出金手数料も値下がっていますし、下限手数料なんかも撤廃されているので、以前なら相場が安い商品を出品しても固定費がかかっていたのですがこれがなくなっています。

 

 またフリーワード検索も可能になっていますので、特定のアイテムを所持したアカウントのみ検索といったことも可能になった点も嬉しい。以前は各ゲームタイトルの出品アカウントを総当りで見ていく必要があったため、人気タイトルのアカウントを探す場合かなり時間がかかっていましたが、この変更によって大きく時間短縮出来るようになったのではないかと思います。

 

 

 

 

会員のランクアップ制がある

 

 

 リセマラアカウントの販売をしたり、ゲーム通貨を販売したりするユーザー、または転売目的のユーザー向けのサービスになります。ひと月あたりの利用回数が少ない一般ユーザーには恩恵を受けにくいサービスにはなりますが、とにかく早くアカウントを手放したい方なんかには恩恵があるかもしれません。

 

 というのも、こういった個人間RMTサイトにも転売ヤーが存在しているようで、この会員ランクアップ制は転売ヤーにとっては非常にありがたい制度ですので、あるいは他サイトよりそういったユーザーが増えるかもしれません。相場よりある程度安く出品しておけばそういう人たちが手を出すかもしれません。特に人気タイトルのアカウントならサイト内における売買の回転も早いですので、人気タイトルなら安めに出品しておけば、文字通りあっという間に売れる可能性も。とにかく早く資金を回収したい場合は検討の余地ありです。

 

 

 

 

オークション機能について

 

 

 オークションといえば、利用者数が多ければ多いだけ値段が釣り上がりやすく売り手に利点があるサービスですので、現在開設から破竹の勢いでユーザー数を伸ばしているこのサイトでは見逃せないサービスになります。出品するアカウントの相場がわからないという方でも、とりあえず最低限これだけは欲しいという金額で出品しておけば、あとは出品したアカウントに人が欲しいと思える魅力があればどんどん勝手に値段を釣り上げてくれます。

 

 オークションの性質上、値段も釣り上がりやすいので思わぬ値段で売れることもあります。もちろん相場を知らないことで損をする可能性もありますので、不安ならとりあえず高めに出品して値をつけてくれる方がいるか、買い手の反応をチェックしてみるのもおすすめです。なにせ出品手数料は無料ですので。

 

 買い手の場合は、入札時に予算を設定しておけば自動で入札してくれるので、これ以上は入札したくないという金額のラインを守ることも可能です。タイミングによっては入札者が少なく思わぬ安値で落札出来ることもあるかもしれません。(人気タイトルの場合は厳しいかもしれませんが…)

 

 

 

 

利用ユーザーの評価機能

 

 

 取引後に行われるユーザー間の評価機能について。メルカリなんかでもそうですが、取引後に利用者に評価されるシステム上、この手のサービスは他人からの評価数がとても大事です。評価数が多いと当然それが直接信用に繋がります

 

 同じ商品が出品してあったとして、売り手のこれまでの取引件数が0件の方と1件でもある方なら、当然後者を選びますよね。それだけに今の時期はとても大事です。早めに利用を開始して取引実績を稼いでおくことで、販売機会の損失を回避出来る可能性が飛躍的に大きくなります。

 

 現在の伸び具合から見て今後人気サイトになるのは間違いありませんので、特に売り手としてこれまでこういったサイトを利用されたことがある方は、早めの利用をおすすめします。

 

 

 

 

便利なLINE連携機能

 

 

 ゲームクラブのトップページから見ることが出来る「ユーザー間のレビュー」を見てみましょう。評価内容において「丁寧、迅速、スムーズ」という単語がダントツで多いことが分かると思います。

 

 これはつまり、取引相手が自分のどこを見てどう評価するかが一目瞭然ということです。

 

 個人間の売買において、相手に好印象を持ってもらうためには「迅速で丁寧な対応」が必須です。LINE通知を設定しておけば、出品している商品が売れたときはもちろん、質問があった場合にも迅速な対応が可能となりますので、設定しておくに越したことはありません。

 

 特に前述で説明した通り、取引後のユーザー評価システムがありますので、出来るだけ取引相手に好印象を与えておきましょう。悪い評価がついてからでは全て手遅れですので…。

 

 

 

 

検索条件が設定出来るため相場確認が容易

 

 

 特に個人的に便利だと思ったのが、相場をチェックすることが容易な点です。

 

 売り手なら特に一番頭を悩ませるのが出品額の設定だと思いますが、検索条件に下限価格と上限価格が設定できることでそのタイミングでの相場を簡単に知ることが出来ます。

 

 買い手としての利点は、相場を知ることができるのもそうですが、課金総額の検索条件まであることが一番でしょうか。課金額の割にお得な、割安なアカウントを見るけるのが簡単になります。(申告額と照らし合わせてもちろんアカウントの中身のチェックも必須になりますが)

 

 

 

 

取引内容を非公開にすることが可能

 

 

 通常であれば上記画像のように、SOLDと売約済みであることは表示されても、取引されたアカウントの情報自体は確認出来てしまいます。非公開機能とは、この取引された情報を非公開に出来る機能のことです。

 

 アカウント取引情報を残しておくことは、単純に買い手のリスクに繋がります。アカウントトレードはRMT行為に分類される(RMTとは?)ためです。

 

 もし買ったアカウントが、そのゲームをプレイしている人の誰もが欲しがるような非常に質も値段も高いアカウントだった場合、当然取引自体も出品時点から注目されています。もしかしたら、自分には手の出ない金額のアカウントを買ったことで嫉妬されているかもしれません。そういった人間が、情報を公開する可能性もあります。アカウント売買で手に入れたアカウントだと知られたくない、知られるリスクが高い場合は、この機能を利用して検索に引っかからないようにすることをおすすめします。

 

 ただ有料サービスになりますので、節約したい場合は売り手に協力してもらうことで可能です。まず売り手に質問欄等で連絡を取り、現在の出品を取り下げてもらった上で、最小限の情報のみを記載した状態で自分専用で出品してもらいます(出品時にユーザーID通知機能を使用してもらう)。これなら特定される可能性を最小限に抑えられますが、再出品時に特定を防ぐためにでたらめな情報を記入してもらうようなことはやめておきましょう。取引でトラブルが発生した場合(事前情報と一部違うアカウントを譲渡されるなど)ゲームクラブに仲裁をお願いできなくなる可能性があります。

 

 

 

 

登録してみた

 

 

 私自身重度のRMTユーザーな上にRMT.clubも何度も利用していますので、例に漏れず開設後に即登録してみました。早めに評価稼いでおきたいのでスタートダッシュ!

 

 

 

新規アカウント売買サイト「ゲームクラブ」が開設

 

 複数の方法で簡単に登録が可能。

 

 

 

 

 SMS認証を行わないと、出品も買取も出来ませんのでご注意を。

 

 

 

 

 送られてきた番号を入力するだけ。簡単すぎて解説する余地がない。

 

 

 

新規アカウント売買サイト「ゲームクラブ」が開設

 

 

 

 

フリマを利用してみた(売ってみた編)

 

 

 ゲームタイトルを選択し、アカウントのアピールポイントの画像をアップロード。アカウントのアピールはテキストだけでなく、画像もふんだんに利用したほうが買い手が付きやすいです。

 

 

 

 

 買い手が見つかった場合は、即ゲームクラブより登録の方法で通知が届きます。

 

 

 

新規アカウント売買サイト「ゲームクラブ」が開設

 

 すぐに挨拶しておきましょう。仕事の都合等でやり取りできる時間が限られている場合は、この場でもう一度確認しておきます。

 

 

 

 

 取引相手がアカウント代金の支払いを完了したことを知らせる通知。

 

 

 

 

 この表示が出るまでアカウント情報を渡してはいけません。この画像の段階で初めてアカウント関連情報を提示します。

 

 

 

新規アカウント売買サイト「ゲームクラブ」が開設

 

 アカウント情報を開示し、相手が評価して取引を完了させてくれるのを待ちます。※この段階で相手がなかなか取引を終わらせてくれないと代金を出金出来ません。そういった場合はゲームクラブ運営に連絡することで取引を運営側で完了させてくれます。

 

 

 

 

 取引完了!忘れずに相手の評価もしておきましょう。
 続いて売上金の出金手続きに入ります。

 

 

 

 

 5,000円出品で、システム手数料が7.7%のため売上金は4,615円。あっていますね。

 

 

 

 

 私の場合は出金方法に銀行振込を選択。

 

 

 

 

 銀行振込の場合は、振込手数料がさらに220円かかります。
 出金後残高が0円になるように金額を調整して出金実行。

 

 

 

 

 完了!

 

 

 

 

 出金手続きが完了しても即振り込まれるわけではありません。
 実際に振り込まれるタイミングは画像の通り。

 

 

 

 

フリマを利用してみた(買ってみた編)

 

 

 ゲームクラブでアカウントを買うのは売るよりも遥かに簡単(なので解説する余地が全然ない…)。まずは気に入った商品を購入する。

 

 

 

 

 取引チャットで相手から反応があると通知があるので挨拶しておきましょう。
 このままゲームクラブが入金を確認してくれるのを待ちます。

 

 

 

 

 ゲームクラブが入金を確認してくれると通知が届きます。
 今回は約20分でした。

 

 

 

 

 ここが重要です。

 

 必ずアカウントを受け取り、アカウントの内容が事前情報とあっているか確認してから受け取り報告をしましょう。

 

 受け取り報告が完了すると取引が完了したとみなされ、取引相手にお金が渡ります。そうなってから後になって事前情報と食い違いが見つかっても後の祭りです。

 

 よく確認したあと、レビューを行って取引完了です。